So-net無料ブログ作成
検索選択

FF14 バハムート5層 いろいろ調べてみました。 [攻略]




a 5層ダイブ~マラソン.png

ダイブ~蛇3匹~ダイブ~蛇2匹

2個目の拘束具が落ちたら急いでくぼみに移動。
しっかり外周の線に寄る。
(ダイブの仕組みは別途記述)

3回ダイブをよけると蛇が3匹POPするのでMTが大蛇 STが子蛇2匹をキャッチして子蛇を半分程度削る。
子蛇をすこしけずったらそれ以上はもったいないので後半のダイブが来るまでがんばって大蛇を削る。
このとき後半のダイブのことをあたまから抜け落ちないように意識しておいてください。

蛇は前方範囲攻撃無しです。


後半3回のダイブをよけたらそのまま移動開始です。

STは追加の子蛇2匹をキャッチして大蛇に近づける。

 

b 5層ダイブ終了~蛇討伐.png

 

ダイブ終了→子蛇2匹POP→子蛇討伐→デバフを大蛇に乗せて大蛇に全力でDPSを出す。


3回目のダイブをよけたらST以外は1個目の拘束具の落ちている位置付近にそのまま移動
STは追加の子蛇をキャッチしてMTの持っている大蛇の後ろあたりに子蛇がまとまるようにがんばってください。

子蛇をLB含めて素早く倒し、倒したときに発生するデバフを大蛇に付くようにする。
配置を気にするのはできればMTにそのデバフが付かないで蛇だけに付くことが望ましいため。

デバフを付けたらそのまま秘薬やバフを使用して大蛇を倒す。

倒したらMTは1個目の拘束具の上に。

それ以外の人は2個目の拘束具(くぼみに近いほう)の上にのってタニア再POP時の範囲ダメージを軽減する。c 5層拘ツイスター~ドレッドナイト.png 

 

 範囲攻撃後~拘束具が落ちるまで。



範囲攻撃が終わるとタニアが降りてきます。

MTが東を向け 他の方は参考画像のような感じで散らばってください。

このときのギミックは2つ。
ツイスターとドレッドナイトです。

まずツイスターはタニアの詠唱メーターをしっかり見て詠唱が始まったら円を書くように移動してください。
回る大きさはタニアのターゲットサークルの半分くらいでいいかと思います。
詳しいツイスターの仕様は必要ならまた作ります。


このツイスターを回避しつつ ドレッドナイトの処理です。

ドレッドナイトは大体中央にPOPします。 POPと同時にヘイト3位以下のプレイヤーにスタンをしてきます。

そのためSTはPOP時にスタン攻撃を入れてスタンが切れると同時に残り2回スタン攻撃で足止めしてください。
DPSはがんばってたおしてください。
ドレッドにスタンされた人のところまでドレッドが到達してしまうと即死級ダメージです。

黒魔さんはヘヴィを入れてから攻撃に移ってください。



この2つをこなしながらまた拘束具を落とすまでタニアを削ってください。

d 5層拘最終フェイズ.png

 

拘束具落下~討伐まで


拘束具が落ちたらSTはその拘束具の上(タニアの真下)に移動

DPSはそのままがんばって攻撃


ギミック

:魔力爆散 
   15秒ごとにタニア真下に黒い玉が沸き拘束具の上で受けると1500ダメージ程度
それ以外で受けると6000程度の大ダメージ

STが常時拘束具の上で爆発させることで他の人を守る。

:ヘルリキッド 5連

  ヘルリキッドが5連で飛んでくるので他の人の邪魔にならない方向に逃げる スプリントはなくても問題ありません。
5発目のリキッドが着弾した10秒後に次のリキッドが着ます。

STに北場合はインビンで耐えてください。 なかったら他のバフ使って耐えてください。



あとはトータル13分以内に削りきれば勝利です。

ダイブの仕組み.png 

ダイブの仕組みについて

・赤いまる4箇所がダイブの範囲開始の候補地点です。
・ダイブの詠唱が始まるときにマークの付いた人に一番近い候補地点が実際のダイブ開始地点に決定されます。
・決定時に開始地点からターゲット者に向けて攻撃方向が決まります。

これを利用してくぼみに集まり、線ぎりぎりによることでダイブを線の外に向けて発動させます。
こうすることで狙われた人以外も特に方向を気にせず移動するだけで回避が可能になります。

音&マークに集中して狙われていようがいまいが少し前もしくは斜め前ににげてそのままとまらずに元の位置に
素早くもどりましょう。
戻るのが遅いと次のダイブが内側を向いてしまい他の方を巻き込んでしまいます。

イメージ的には拘束具のすこし手前くらいでUターンしてくる感じでいいかと思います。

ダイブで当たってしまう場合の原因
・狙われた人、本人だけが当たってしまう場合→狙われた人の逃げるのが遅い
・狙われた人は当たらず他の人が当たってしまう場合→当たってしまった人の逃げるのが遅い
・狙われた人+他の人が当たる場合
   パターンA→狙われた人+当たった人の逃げるのが遅いパターン
   パターンB→狙われた人が逃げるのが早くダイブが内側を向いてしまっているパターン
           (正確には狙われる前に動いてしまい開始地点より内側でたーげっとされた)


3回よけた後の蛇は前方範囲攻撃ではないので不安な方ははじめから隅に寄っておくといいと思います。

 後半の3回はSTがマラソンしているためSTがターゲットに選ばれた場合
くぼみの人にマークが出ず音もしなくタイミングがとりずらいです。
フォーカスターゲットしたタニアの詠唱のみ見えた場合はSTが狙われています。
その場合は動かなくても大丈夫です。次の攻撃に備えて集中しておきましょう。

ラストをよけたときはそのまま子蛇POPの方向にむかっていって全力で子蛇討伐→大蛇討伐をしましょう。 




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

ディスプレイドライバの停止 nvlddmkm [プレイ環境のお話]




FF14をプレイしている方で画面が暗転して数秒したのちにこのエラーメッセージとともに画面が映る

そんな経験をされて困っているかたもいるのではないでしょうか?

戦闘中でないときならさほど困ることもないのですがPTで戦闘中の場合、範囲攻撃に当たってしまうなど

PTメンバーに迷惑がかかってしまうなんてこともあって深刻な問題になってきますよね。


まず、このエラーにかかわらずパソコンで原因のわからない不調に出くわしたときに確認するといいポイントを

説明します。



【手順】
 1「Windowsのスタート」→「コンピューターを右クリック」→「管理」の順でクリックしてください。
 2 コンピューターの管理画面が開いたら左側のメニューの中の「システムツール」→「イベントビューアー」→
   「カスタムビュー」→「管理イベント」の順にクリックします。

そうしますと時間とともにエラーの詳細が表示されます。ここに表示されている情報を検索すると
解決策がいろいろでてくることがありますので一度お試しください。

*なお、その際の作業は自己責任でお願いいたします。



さて問題の画面の暗転について書いていこうかと思います。

この問題はnvlddmkm.sysというファイルが問題になっているようでこのファイルを消去することで治る場合があるそうなのですが

わたしのかんきょうではうまくいかず他の方法をいくつか試した結果、

発生をゼロにはできていないのですが発生をかなりおさえることができました。

その方法は以下のとおりです。

1:デスクトップで右クリック→メニューの中の「NVIDIAコントロールパネル」をクリック。
2:起動したウィンドウの左のメニューの中の「3D設定」→「PhysX構成の設定」をクリック。
3:右側の「PhysXプロセッサを選択してください」のしたにあるプルダウンメニューが自動選択やCPUになっている場合は
 使用しているディスプレイアダプタを選択して右下に出てくる適用をクリックしてください。

原因はわかりませんがクリスタルタワーのベヒーモスでまだ何度か発生しておりますが・・・。
この方法でだいぶ改善しております。この症状でお悩みの方はためしてみてはいかがでしょうか?




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

FF14をプレイするのに(個人的に)お勧めのマウス [プレイ環境のお話]




今日は私がFF14をプレイするときに使用しているマウス、キーボード、その他の入力機器を紹介します。

まずマウスです。 

 マウスはロジクールG700sを使用しています。ロードストン等を見るとG600をお勧めされている方が多数見受けられますが

私はあそこまでサイドボタンが多いものは逆に誤操作や操作の遅れ迷いにつながるのではないかという点と、

実際に店頭で握ってみた感じがしっくりこなかったのでG600よりもサイドボタン数の少ないG700sを使用しております。

この機種はサイドボタンは4つ+スクロール+スクロールを左右押し込みの3つ+左クリックのすぐ横に3つ+スクロールの手前に1つ の14ボタン使用できます。

スクロールの左右に倒すところに左右ストライフ移動を割り振っていてAAを切らさずにスムーズに移動できるようにしていたりします。

またこの機種は内蔵メモリを搭載しているためプロファイルをマウス内に記録することも可能です。普段と別のパソコンでつかうときもソフトウェエアのインストールが不要なのもひそかに便利です。

 そしてマクロ機能も内蔵しているため1度押したら次に押すまで連打する等の操作を割り当てることも可能です。

フェアリーの手動癒しをずっと連打させておくなんてことも可能です。ワンパレやアムダくらいならフィジクいらずでクルセ入れっぱなしで攻略可能です。

あとは左クリックのすぐ横に立てに3個並んでいるボタンですね。ここもわりと押しやすい配置になっていてわたしはそのうち2つにWとSをわりふって前後移動ができるようになっています。スクロールキーとあわせることで前後左右移動がマウスのみで可能になっています。

 

次にキーボードの派生になるのですが左手用ゲーミングデバイスとして発売されているロジクールG13rです。

こちらは簡単に言うとキーを自由に割り振ることのできるテンキーのすぐ横にPS3等のコントローラにあるアナログスティックが付いていると考えてください。

マウス&キーボードでのプレイでの欠点は斜め移動する際に45度で移動しかできないため角度の調整を視点変更をあわせてしないといけないので回避行動がわずかに遅れてしまう点です。

ですがG13rをしようするとアナログスティックがあるため任意の角度に一直線に下がることが可能になります。

またスキル自体はG13rのキーで使用するためXHBではなくふつうのHBになるため使いたいスキルの入っているXHBを呼び出してから使うというタイムロスも発生しなくなります。

G700s(または何でもいいのでマウス)+G13rをしようするとマウス&キーボード操作とゲームパットのいいところをどちらもあわせて使うことが可能になります。

はじめは操作に違和感を感じますが一度なれてしまったらもう手放せなくなるのではないでしょうか。

そしてG13rもキー割り当てやマクロ機能搭載です。ただ、設定ソフトが必要なので持ち歩いてすぐに使うということはできません。そこはご注意ください。

 

つぎは通常チャット等につかうキーボードです。

この普通のキーボードにもキー割り当てが自由にできるようなゲーミングキーボードは発売されておりますが

わたしはあえてここはそういった機能のないもので打ちごこちにこだわってみました。

 東プレ REALFORCE91UBK-S です。

このキーボードの機能の説明はありません。 ただ一言! うっていてストレスをまったく感じない! これに尽きます。

 

さてさて皆さんいろいろな入力機器でプレイされているかと思いますが日々のプレイを楽しむために

すこし捻出して快適なプレイ環境を手に入れてみませんか?きっと毎日のエオルゼアライフがいっそうたのしくなりますよ!

それでは皆さんのお勧めのデバイス等ありましたらコメントいただけたらうれしいです。 

 




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

FF14 学者 フェアリーの囁きをスムーズに使用するマクロ [ゲーム内の設定等]




私は学者のフェアリーをマクロで手動でPTリストの2番目の人(タンク)にかけています。
まずはそのマクロ↓

/pet フェアリー・エオス
/pac 光の癒し <2>
/pet フェアリー・セレネ
/pac 光の癒し <2>

この4行で作ったマクロをぽちぽち押しながら学者自身はDOTをいれたりフィジクや鼓舞をしたりしています。
妖精を手動で動かすメリットは自動だとHPが2割ほど減ってから詠唱を開始するのでどうしても
回復が遅れがちになりますので、手動で唱えさせることによりHPに余裕のあるうちに詠唱を開始できます。
なおフェアリーは本体よりも回復でのヘイト上昇が低いようでオーバーヒールになってもわりと問題ありません。
このときフェアリーの状態はセミオーダー+ピースで運用してください。

さてここで、光の囁きなのですが ラウズとフェイイルミネーションをあわせて使うことで
回復量が増えることとHPが減っている人を感知すると光の癒しを唱えてしまい
フェイイルミネーションおよび光の囁きがスムーズに出なく、そちらの操作にきをとられて
本体の回復動作がとまったり、
発動したころには白魔さんのケアルガ等で回復済みなんていうこともしばしば・・・・。

そこでピースとインターセプトが切り替わると妖精の詠唱が止まるという挙動を利用して
光の癒しを使うときのマクロを考えました。

/pet フェアリー・エオス
/pac インターセプト <me>
/ac ラウズ
/pac フェイイルミネーション
/pac 光の囁き

これを手動の癒しマクロボタンを押すのをやめてこの囁きマクロをぽぽぽんと数回押すことで
インターセプトに変更することで唱えている(ときもある)光の癒しを止めて
ラウズ、フェイイルミネーションのクールが終わっていればそれもつかい最後に光の囁きを使用します。
実践で使ってみていますがかなりストレスなく発動するようになり懇親の出来となっております。
なおこのマクロをつかって囁きを使った後は妖精の状態がセミオーダー+インターセプトに変わってしまいます。

そこで最初に紹介した手動癒しマクロをもう少し改良しました。
それが↓になります。
/pet フェアリー・エオス
/pac ピース <me>
/pac 光の癒し <2>
/pet フェアリー・セレネ
/pac ピース <me>
/pac 光の癒し <2>

この6行に改変します。そうすると囁きを使うときにインターセプトになってしまったモードを
ピースに戻し忘れることがなくなります。
戻し忘れると次に囁きを使うときに先ほどのマクロでピースからインターセプトへの変更ができないため
詠唱がとめられなくなってしまうので、ぜひ癒しのマクロにピースに変更する命令をいれてください。
なお今回はエオスのことを書いていますが癒しのマクロはエオスを出していてもセレネを出していても
きちんと癒しを唱えますのでボタンはひとつですみます。
また8人パーティーでタンクが2名いるからかける相手を変えたいときなどはターゲットを<3>などに
変えたものをもうひとつ用意したり<mo> <t> <tt>など操作しやすいものにかえてつかってみてください。


瞬間回復力に乏しいといわれがちな学者ですがこれをつかって見返してやりましょう!
使ってみた方は感想などもらえたらうれしいです。




追記
上で紹介したマクロは動作の命令行だけ書いてアイコンの変更の行は省略しております。
癒しをアイコンにしたい方は
/micon 光の癒し pet フェアリー・エオス      や
/micon フェイイルミネーション pet <pet>     など
変更したいアイコンとペットの指定を書いた行を一番上にかきたしてください。



nice!(0)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。